純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。金を売りたいなら、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今では全然身に付けていないという金製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。主な買取対象といえば金ですね。24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段の臨時収入が期待できます。金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、買取額に消費税分がプラスされます。つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるのです。今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。ただし、同じ量の金でも店によって価格は変わるので、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、店の選択には注意しましょう。金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。やはり行ってよかったです。金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。一般に、金買取という言葉からは、何百万円もする高級品にばかり考えが至りがちですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。意外なところではメガネなどです。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら承諾の返事をし、取引成立になります。もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、お店に行く時間がないという方を対象としたサービスといえるでしょう。金製の指輪やネックレスなどは、十年以上前に買ったものでも、時代遅れのデザインだったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。でも、ここで落とし穴があります。本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。買取店でそう言われてしまったときは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。そこで、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。この方法を採用するなら、まず考えることは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。新たに金の購入を始められるなら、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。そういうお店で買った金なら、売却時にも本物だという信頼があるので大丈夫です。十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属は案外多いのではないでしょうか。タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。できる限り高額で手放すためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。買取にかかってくる様々な手数料が引かれないところも多いですから、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今は1グラム5000円くらいですね。純金でなければ当然それより安い額になります。例えば75パーセントが金である18金の場合、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも選択肢の一つです。金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限を設定しているのが普通です。このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうケースが大半だと思われます。もっとも、沢山あるお店の中には、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。一口に投資といっても対象は色々あります。最たるものが金でしょう。金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。全世界で普遍的な価値を有していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、金の相場に大きな動きがないか確認しておくのが無難です。金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は買取を依頼するべきではありません。買取金額だけが高くても油断はできません。鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。初めてで不安も多い金買取。安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、最後の決め手としては、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。それを測る上で使えるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。不評の店は避け、良い評価が付いているところを選びたいものですね。普段意識しないことですが、我々の周囲には金でできていたり、一部に金が使われている製品が案外多いものです。例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。意外な形での臨時収入を得られる可能性もあるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。初めて金買取を利用してみようと思っている方は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で手放したいなら、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、価値が上がるタイミングを見計らうことで、得できる可能性は高まります。近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。そういうときは、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、商品を入れる容器が自宅に届くので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。早ければ翌日には、査定の金額と確認の連絡が来て、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、すぐに振込があります。忙しくて店に行けない方にも便利です。少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。営業の電話は普段から色々かかってきますが、そういう電話は初めてだったので、まずは話を聴いてみることにしたのです。いわく、手持ちの宝飾品や貴金属で今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。こうした費用を有料にしている店舗では、色々な名目で買取額が減額されて、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。上手いこと騙されてるような気がしますね。皆さんも、利用するお店を選ぶときには、この点を確認しておくことをお勧めします。最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、不安要素はありません。査定額の理由などをちゃんと説明してくれるお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取に出す際は、以下の内容を頭に入れておいてください。同量の金を買取に出す場合でも、どの店舗を利用するかで、最終的な買取価格はピンキリだということなのです。なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店舗の買取を利用するか、じっくり検討してください。久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。金買取のお店で買取してくれるとのことで、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、結果的には正解でした。プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどというケースが割と多いようです。ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。よほど大量の取引をしていない限り、金の買取で課税されることなどないでしょう。買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるというのも一つの手だと思います。近頃では、いわゆる「金プラ買取」系のテレビCMをよくやっている印象です。街頭だけではなく、ネットにおいても、「金 買取」などのワードで検索をかけると、大変多くの店が出てくるので驚きます。もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。原則として、18歳未満の子供は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。