看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。こうした保育園を職場にするとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、ぴったりの職場でしょう。ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという責任のある仕事だと言えます。初めて看護師として働こうと思っても、就職先がなかなか見つからないという方は、年齢が壁になっているかもしれません。求人において特に年齢制限の記載がなくても、病院が裏で年齢を理由にした不採用を設定しているケースがあるのです。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いのチャンスがなくて、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。しかし、もしも新しい出会いがあってもお互いの休みが合わなかったりと破局をむかえることが多いと言われています。医療に関わる職種の中でも看護師という職業は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、労働組合のようなものがなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、看護婦を雇う側が適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。知人が看護師として働いていたのですが、大病を患ってしまってしばらく看護師を辞めていました。ですが、病気が完治すると復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。多少、仕事をしていない期間があっても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。公務員看護師になるには、勤務先を国公立の病院にすることです。もともと、看護師という職業が長期にわたって務められる職業として高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは魅力的なメリットです。働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。看護師には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも良いと思います。総じて看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例えば二交代制の病院勤務だと、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。長時間勤務がザラだということも世間的に、看護師として働くことがハードだと思われやすい理由になっていると思います。以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性看護師は重宝されます。給料の点からみると女性と変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。大学の場合のいい面は最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。そして、専門学校の場合は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、そういった経験を生かして即戦力になれます。さらに学費に関していえばなんと大学の学費の十分の一程度です。普通、注射や採血は看護師が行うものです。注射や採血を好む人は稀でしょうが、注射されるなら痛みが少ないように打ってもらいたいと思うのが普通です。とは言うものの、看護師の技術によっては上手に刺してくれる人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。理由としては、過酷な労働環境があります。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間も長くなりますから、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に職を辞する人も多いのです。一般的に、看護師の中には愛煙家があまり居ないというイメージですが、やはり一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。病気の患者と接する職業上、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が多い職業であるということが見て取れます。病院の統廃合続きにより、医師不足あるいは看護師不足が叫ばれています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も行い、看護師の大半は激務をこなしているのが実情です。男性看護師の割合も増加しているのですが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスに悩まされたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは分からなくはない話です。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。そうはいっても、近年では看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。不安や悩みを抱えている患者から見ると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。多くの覚える事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も意外と多いのです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%近くが毎年合格できているようです。試験内容自体が、今までの授業で理解していれば難なく合格できるものですから、そこまで看護師の資格取得は難しいものでもないようです。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが看護師にも言えます。大きな総合病院と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。これらの事を考慮すると、平均的な看護師の年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。看護師というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてキツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとその他の仕事でも役立てられることがよくあるといいます。いくつか例を挙げるならば、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家の都合によって会社員としてしばらく働きました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。無資格でも看護関係の仕事に就くという選択肢もあるのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、看護師の中でも小さな子を持つ場合には不安材料となります。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。なので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方もかなりの割合で存在しています。看護師という仕事をしているのは大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、キツい仕事だということも原因となり、結果的に離婚してしまう方も多いようです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは不規則な勤務形態ではないでしょうか。休日や休みの時間に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みを抱えている方も多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに休みを取る暇がないケースもあるでしょう。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると出世していきます。例えば、婦長といったらその役職も想像がつきやすいですが、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも少なくありませんので、正看護師であれば上の役職であることは理解できると思います。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必要不可欠になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校も人気があるのです。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信で学べる学校もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には勤めている現場で各自違うようです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも普通です。一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。看護師の勉強をするための学校には主に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と給料の面で専門卒より優遇されるということです。それに対して、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。看護師が働ける場所というのは病院以外にもあります。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においてもまだまだ看護師は足りていません。こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護の分野に関心があるという看護師は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によってどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。ここで気を付けたいことは、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働く看護師より収入が減ってしまう事が少なくありません。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。現在わが国では、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、もし、3年以内に受からなかった場合、帰国しなければならないと決まっています。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。