多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも実は多いのです。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも選択肢に入れておきましょう。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、看護師の中でも小さな子を持つ場合にはかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。なので、パートとして働くことにシフトするという看護師も多数存在するようです。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。いわゆる課長職でも、その年収はそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると推測できます。色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、つまるところ、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人が足りていないことが根拠として挙げられます。転職先も雇用形態も特に希望しなければ状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は看護師の資格というものは、看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。考えられるのは人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。看護師になるための手段として、看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。大学の特徴を挙げると、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。そして、必要とされる学費については大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。階級が高いものは、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長といわれる階級です。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要でしょう。当然ですが、階級が高い程、高い収入を見込めます。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても見つからずに失敗が続くという場合、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、病院が裏で採用年齢を決めている場合があります。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では難しくなります。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。会社によって給料が変わるもので、同じことが看護師にも言えます。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では年収にも差が出てきます。ですから、一般的な看護師の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。ここのところ、看護師は不足傾向にあります。看護師資格を持っているけれども、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。看護師の不足の要因はというと結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の割合が多い仕事なので、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。しかし、もし、恋人同士になれたとしても、仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。看護師の勤務先は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも看護師は必要とされています。グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護方面に興味のある看護師は一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。気になる看護師資格の難易度ですが、どれ程のものなのでしょう。資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、90%近くが毎年合格できているようです。試験内容も、今までの授業で勉強しておけば合格できますので、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。転職の際には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、最適な職場でしょう。ちなみに、どういった仕事かというと子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという責任のある仕事だと言えます。殆どの看護師に共通する悩みといえば、交代勤務などで休日が不規則になることです。折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。規則正しい勤務時間がいいのなら、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間に少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。給料の点からみると女性と変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が激務をこなしているのが実情です。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、精神的に疲れてしまったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも納得できる話でしょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。忘れてはいけないのが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く看護師より収入が減ってしまう事がほとんどです。今の収入を減らしてでも、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが女性の職業でした。しかし最近の傾向は、看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の看護師も多いです。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。女性の持つ優しさだけではなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。いま日本においては、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人看護師候補生という方々を受け入れています。とは言っても、看護師国家試験の勉強をして3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。就労と日本語の勉強と国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。人気が高いと思われる看護師ですが、意外と未婚の人が多いようですね。看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が指摘できるのです。結婚が遅くなる人に多い理由は、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、出世を第一にすることで婚期が遅れるようです。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、比較的審査が通りやすいと言えます。ただ、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師についてはそう簡単にはいかないかもしれません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規職員として勤務している安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。看護師は良い給料をもらってはいますが、実をいうと夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼ぎが多くなるという現実があります。あなたがもしも、良い給料で看護師をしたいというのなら勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤で働けるところにしましょう。当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によってどのくらい稼げるかが変わってきます。職業上、看護師という立場では好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、やはり喫煙率は平均より少ないようですね。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識的に禁煙している人が多い職業であるということが理解できます。看護師がかぶる帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。しかし、近年では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、こういったことも時代の流れなのでしょう。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する場合が多いので、髪形にも配慮することをおススメします。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。職場の環境によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。看護師という仕事は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、労働組合のようなものがなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、経営者サイドがちゃんと考えてくれることが重要だということは言うまでもありません。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として一般的に二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。学習内容にそう変わりはありませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。対する看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習をすることに重きを置いているので実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。昔から、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、給料で見れば平均的に高水準を維持できることが看護師の特徴だと言えるでしょう。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。このような高給で安定した職場という面では看護師はメリットの多い職業だと言えます。